Konan University Co-operative

Konan University Co-operative

おすすめ電子辞書:韓国語 推薦文

国際言語文化センター教授 金 泰虎先生

国際言語文化センター 
金 泰虎先生

語学力の向上に欠かせない4技能のすべてを装備しています

グローバル化時代を迎え、人々の国境を越えた交流が一段と活発になるにつれ、外国語学習は重要な意味を持ち始めています。その交流の場で使う言語の駆使と学習を助ける道具としては電子辞書が役に立ちます。  

この電子辞書は外国語学習だけではなく、基礎教養に関することや就職・就職活動において様々なことを、その場ですぐに、かつ時間をかけずに引けることが、第一の利点として取り上げられます。特に、韓国語は日本語と語順が同じで、漢字語の語彙も共通しているものがほとんどです。したがって、一度言葉の意味がわかれば、単語を並べるだけで、とても簡単に韓国語の文章をつくることができるので、電子辞書での単語の検索は非常に有効となってくるのです。

そこで、大学教育に求められるグローバル化時代の情報が満載のカシオ(CASIO)電子辞書を紹介したいと思います。2020年、カシオはAZ-SX9800というモデルの電子辞書を提供しています。キーボードにハングルの子音字と母音字の表記は付いていませんが、ハングルキーを呼び出して子音字と母音字を打ち込んで検索することができます。手書き入力でも検索することができます。

以下では、AZ-SX9800の電子辞書を中心に説明をしていきます。最近、スマートフォンの普及に伴い、そこから辞書の機能を使う人々もいます。しかし、その辞書は語彙数が十分ではなく、他の辞書機能も完備されておらず、簡易的なものに過ぎません。一方、カシオ電子辞書のコンテンツは、学習に必要な数多くの書籍辞書、すなわち『大辞泉』(小学館)などの日本語に関わる辞書、ブリタニカ(国際大百科事典)・ニッポニカ(日本大百科全書)・マイペディアの3つの大百科事典、そして国際語として位置づけられている英語の多様な辞書及び英会話やTOEICの学習ができる辞典まで搭載しています。特に、韓国語コンテンツには『朝鮮語辞典』(小学館)、『日韓辞典』(小学館)、『韓韓辞典』(Dong-a)、『ゼロから始める韓国語』(三修社)、『口が覚える韓国語』(三修社)を装備しています。

ことに、カシオの電子辞書には、言葉の意味を読んで調べる(リーディング)・文字で書いて調べる(ライティング)・聞く(リスニング)に加えて、スキット会話学習で話す(スピーキング・コミュニケーション)の技能まで備え、語学力の向上に欠かせない4技能のすべてを装備しています。したがって、語学習得に想定される旅先、日頃の生活など、色んなシチュエーションで役立ち、大学での学習にも最適な充実コンテンツであると言えます。要するに、この電子辞書は韓国語学習だけではなく、日本語の表現力を豊かにし、さらに英語学習の道具としての便利さはもとより、専門的な知識の学習や研究、基礎教養を身につけることにも対応できるハード機能を備えています。

しかも液晶画面に専用ペンを使って手書きで検索できる機能が付いており、キーボードを打たなくても検索できることや、特にタッチガイド機能が搭載されているなど「使いやすさ」・「引きやすさ」が充実しています。さらにハード機能の革新を行い、高精細の液晶画面、文字サイズ及びコントラストの視認性を改善しています。ちなみに壁紙も11種類あり、使用者の好みで選べます。韓国語コンテンツはシリアルコードを購入し、Wi-Fi経由でダウンロードができるので、PCも専用ソフトも要りません。そこで辞書機能はもとより「ネイティブ音声」で発音を聞くことができ所有者専用の「教師」になってくれます。カシオAZ-SX9800を購入して様々な場面で、ぜひ活用してみて下さい。